高校生のマンガ大会が熱い!【第25回まんが】甲子園に行ってきたよ

こんにちは。

あっきー(@Akkiy_I)です。

日々の暑さを痛感する毎日を過ごしています。

しかし、2016年8月6日。もっともっと熱い試合が行われています。

そう、前々回に脚を早くする方法の最後に紹介した

manga1.png

まんが甲子園です。

まんが甲子園は第25回目を迎え、毎年この季節に開かれ夏の暑さよりも熱い戦いが高知市にあるかるぽーとで開かれています。

今回は日本だけでなく海外からも参加校がきています!

マンガって人種や国境は全く関係のないグローバルな文化なんですね。

で、今絶賛試合中です。

ですが一般の方も来場でき(しかも無料で)様々な企業のブースや販売所、レクチャーなどを受けられるんですねぇ。

すごい。

ということで僕も行ってきました。

P1013207.JPG

7階に来ました。

全国の参加者たちの作品が7階フロアのいたるとことに展示されています。みんな感性がすごい。

また選手には黄色いTシャツが、

高知県の漫画研究部員がスタッフとして肩に「まんが甲子園」とマークの入ったTシャツを着用していました。

このTシャツはスタッフ各々がイラストを描き世界に一枚しかないTシャツをそれぞれのスタッフ方が着ているわけです。

知り合いを一人捕まえたので撮ってきました。

▼これ

P1013209.JPG

ARの読み取りコードかよ

ほかのスタッフはとんでもないクオリティの画力でイラストしたり顔文字を書いたりしている中この子一人だけ私服を着ているような感じになっています。

「いか」とデザインしてるそうですよ。センスすごい。

フロア内をグルグルしていると高知県の様々なキャラクターが歩いているんですよね。

写真、撮ってきました。

P1013215.JPG

このキャラは「くろしおくん」

「写真撮りましょう!」と言ったところ快くOKを出してくれましたが調子に乗ったクソガキみたいに僕が写ってしまいました。

くろしおくんの詳細はくろしおくんのページからご覧になれます。

次に僕が訪れたのはここ。

P1013210.JPG

液タブ・ペンタブ体験コーナー

メーカー直々に販売や講習に来ていて来場者誰でも体験ができます。

P1013212.JPG

僕もやってみましたが使いこなすにはもっと勉強が必要ですね。(はじめてさわった)

▼ぬり絵コーナーもあり

P1013214.JPG

東方のマリサとレイムのぬり絵が体験できるようなスペースになっていました。

そしてこの7階フロアには遊び心もたくさんあり漫画の世界に入れるような展示もありました。

P1013216.JPG

ゴゴゴオォ

最初にも言いましたが前々回の脚を早くする方法記事で行ったことを透明の下敷きに紙を張り付けてやってみたところ。

S__153821186.jpg

めちゃくちゃてっとり早かったです。

初めからこうすればよかったんだよ。

またこの「ゴゴゴゴブース」の前に顔出しパネルもあったので記念に。

P1013217.JPG

▼次は試合会場にきました。

P1013219.JPG

この会場に各校の作業場があるのですが試合中と顔が写るという事もあり誰も写っていないここのみの写真となります。

作品はアナログ絵でもデジタル絵でもいいらしく中にはデスクトップパソコン3台とプリンタを持参してきている学校もありました。

またフロア内をブラブラしているとP1013220.JPG

自分で塗ってかぶり物を作れるブースがあったので寄りました。

およそ15分。

▼完成した作品がコチラ

P1013221.JPG

頭に乗ってるやつです。

ちなみにこのキャラクターは「カツオ人間」。

名前からすごいですがカツオ人間のブログを覗いてみるともっと詳しくわかるはず。

 

もう1個つくった。

P1013224.JPG

次は階を移動して2階にある小ホールに行きました。

ここでは第1回からの3位、2位、優秀賞の3点が展示されています。

P1013227.JPG

テーマがあり、それにそって作品を作るのですがどれもこれもすごい。

ほんと。

訪れた人は行くべきだと僕は感じました。

「すごい」という安直な感想ですが何とも形容しがたい感情。

考え方が本当に個性的なんですよね。コモディティ化してきている現代の個性ですがどれも逸脱してる。

作品を撮るのはまずいかなと思ったので撮ってないですが是非行ってみてください。

まとめ

第25回まんが甲子園。1日目の始まったばかりに来ましたがマンガに対する熱意がめちゃくちゃ伝わってきました。

日本人だけでなく外国人の来場者も結構きていてマンガのグローバル化を体感しました。

会場の様子をニコ生でも実況しているようなので気になったら覗いてみるのもいいかもしれませんね。

最後に、

高知県観光キャラクターの岡田以蔵とのツーショット。

P1013226.JPG

ゴゴゴゴブースにて

 

Bye