古民家を改装した喫茶店、テルツォテンポで絶品スイーツを食べてきたよ

こんにちは

あっきーです。

みなさん、喫茶店によくいきますか?

実はこの高知県。

 

人口当たりの喫茶店数が全国一位なんです。

人口たった79万人程度しかいないのに1千人当たり1.90店という数字を叩きだし全国一位に輝いています。

 

今日は高知県桜井町にある喫茶店、テルツォテンポという喫茶店に行ってきました

▼テルツォテンポ

P5152252.JPG

調べると

東京で過ごされたご夫婦が、高知に都会のセンスを持ち込んでらっしゃり、
田舎meets都会 な趣がある。

参照(食べログ)

 

この古民家に都会の圧倒的センスを盛り込んで喫茶店を経営してるそうです。

また、プロフィールには

terzo tempoとはイタリア語で「第三の時間」という意味です。

ある日、空の上で読んだ記事の中にこのことばを見つけました。

誰しもが持つ、第一の時間、第二の時間、そして第三の時間。

第三の時間は少しでも第一、第二の時間を豊かに、前向きにさせてくれる時間でありたい。

音楽をキーワードに、人と人が、いろいろな文化が混じり合う

そんなお店を目指します。

参照(terzo tempo テルツォ・テンポ)

 

このようなことから演奏会やイベントなどの主催も行っており以前、オシャレな倉庫で演劇を見に行ったときに訪れた蛸蔵 藁工倉庫でもイベントが催されています。

 

心弾ませながら店内に入ると

P5152238.JPG

オシャレな本棚や

 

P5152239.JPG

趣ある椅子や机。

また小物などが大変オシャレで居るだけで自分もオシャレになるような感覚に陥りました。

早速頼むぜ。

 

アアルトブレンド

P5152224.JPG

砂糖かわいい。

生まれて初めて食べ物単体がかわいいと感じた瞬間でした。

 

カフェ・オ・レP5152227.JPG

オトナな味がしました。

それから

 

チーズケーキ

P5152231.JPG

これがまためちゃくちゃうまい。

チーズケーキが好きな方に食べていただきたい一品です。

それからこの店、テルツォテンポさんはかき氷が有名なんだそうです。

どうせいちごとかメロンでしょ って思ってメニュー見たら驚愕。

 

かき氷 黒糖スペシャル

P5152248.JPG

???

予想の斜め上の代物が出てきましたよ。

溢れんばかりの氷と甘くて頬が落ちそうな黒糖が絶妙にマッチしていて美味しい以外の言葉は見つかりません。

このほかにも子夏やすもものかき氷などがあり、高知県産のものを使用しているんだそうです。

それともう一品頼みました

 

 

コーヒーかき氷

黒糖スペシャル同様これでもかと氷を積み特製コーヒーをかけた一品。

底の方にはコーヒーゼリーがあり冷たく舌触りの良い触感が覆いました。

ちなみに

 

P5152242.JPG

奥の方にも座敷の部屋がありそこも使えるそうです。

今度個人で行ってみたいと思います。

 

そんなテルツォテンポさんの場所はここ

 

メニューについて

コーヒー
アアルト・ブレンド 450円
アルヴァー・ブレンド 450円
アイスコーヒー 500円
カフェ・オ・レ 550円
黒糖ラテ 580円
ラム・クラシック 650円
かき氷
黒糖スペシャル 600円
コーヒーかき氷 750円
小夏ジンジャー 600円
黒糖ゆず 650円
すもも 700円
きなこナッツ 800円

かき氷については  という日替わりメニューとなっていますのでご注意を。

 

駐車場について

店の前に2台ほど駐車できます。またこのお店の前の道路は比較的狭く、また東方向には一方通行なので注意が必要です。

高知県では無料の自転車貸出しがあるので観光に訪れた際には是非利用してみてください。

テルツォテンポ、おいしかったです。